HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>日記など

FLH猫オフ2012in箱ね (最終章)

黒たまごの回。


とりあえず小田原に戻る組は
はこ・ちた・ぬこ・はるお・3バカ・ぱんつとうにの9人になった。
タクシーに乗る。
確か突然しゅうくんがロープウェイ乗りにいこみたいなことを言い出して、
気がついたらどこかわからないオレンジっぽい駅について
ロープウェイに乗りました。

これ前も乗った!!富士山見た!!と記憶が蘇るも、あいにく天候は小雨。
上に昇るほど霧が濃くなりロープの先が見えなくなっていった…濃霧過ぎる。
しかし濃霧は濃霧でなんかテンション上がるからいいよね@@*
大涌谷に着いたら雨だった。

雨から逃れるように観光センターの建物の中へ。
そこは同じように雨から逃れてきた国内外の観光客で充満していた。
狭い店内で地味にはぐれる。
しゅうくんが人ごみをすり抜けてどんどん一人で店の奥へ行くので、皆で追いかける。
人ごみをかき分けて皆が店の奥へ来ると、しゅうくんは入り口に戻っていた。
「……。」という空気になる。
入り口横で傘を買ってた。


その辺でも黒たまご売ってて、雨も降ってるし
(散策コースの)上にあるお店まで行かなくてもいいんじゃない?と言ったら
「やっぱり上らなきゃ」「上ろうぜ」としゅうくんが上っていった。
その情熱に全員が続いた。
この試練を乗り越えたら、FLH猫はもっと強くなれるはず!!
ただの散策コースだけど!!

ちたさんの差す傘に入れてもらって雨に濡れた階段を上がる。
さらに着替えとか入れてた方の荷物も持ってもらった。
ちたさんやさしい…。
普段荷物なんか持ち歩かないから、
着替えとちょっとの化粧品しか入れてないバッグなのに
前日からの疲れで鉛みたいに重くなってきて持ち替えても腕がすごい痛くて
どうしようかと実はけっこう気が遠くなってた…。
あ、ホテルで買ったガトーショコラが結構重量あったのかもしれない…
ちたさんマジイケメン。
やさしいちたさんの為に、ちたさんにいつか念願の姉ができますようにってうにもお祈りしとくね。

ハァハァ(´д`lll)しながら黒玉子のお店までたどり着く。
人めっちゃ多い。雨強くなってきた。景色は濃霧で真っ白。
食べるスペースすら確保が難しかったので、少し休憩した後下山することに。
でも目的の黒たまごを購入できたのでよかった!!
皆の結束も固くなったはず。今日のGvかつる!!(自分は不参加)
観光センターの前まで戻って皆で輪になってもぐもぐ…。
黒たまごはゆで卵だけど、ちょっと温泉の香りがついていて
お塩でいただくとなんとなく美味しかった。(・ω・*)
ゆで卵をむけない子が若干いた。
ちさぷが病気になりそうな量のお塩がかかった卵を食べさせられてた。
笑顔で食べさせたお医者さんこわい。

相変わらず人もいっぱいだし帰るかーと
ロープウェイとケーブルカーで強羅まで下りてきて、そこから電車で小田原へ。
皆が話をして歩いてくる間に切符をしゅうくんが買いに走ったりしてくれて
前回もだったけど、ずっと引率の先生をしてくれてた。
あとしゅうくんのお母さんの作ったパウンドケーキ?を皆分けてもらった。
お母さんはお菓子やさん?と思うほどおいしかった。
というかこんな柔らかいお菓子を鞄に入れっぱなしだったの…?
今回しゅうくんは1200ページくらいある分厚い教範的な医学書を箱根に持ってきていた。
一般人には内容が謎だったけど、持ってくるに至った理由も謎だった。筋トレ?
お菓子つぶれてなくてよかった。(・ω・*)
この辺から眠くて再び記憶があんまりない。

小田原でちたさんとシャナぱんが満員の新幹線で関西の方へ帰っていった。

横浜へ帰る電車の中でちょっと寝てしまった。
しゅうくんのポケットが危険すぎた。
でもある意味安心だった。でも間違いなく何かケースに入れるべき。
隣でしゅうくんと忍者さんがスマホでまとめスレを見てて
「自尊心は膝にあったんだな」で爆笑してた。
うには、皆がいる方とは反対側の隣の席に ちょっぴり喧嘩腰で
何かをずっと囁き続けているおじさんが座ってきて怯えてた。
正面の席で寝ちゃってるアキさんとちさぷに挟まれて一人しゃんと起きてた
イケメンなスコッチの数を数えて心を落ち着かせる。
スコッチマジスコッチ……。

~その頃のシャナたん~
1623 シャナぱん:暇や・・・
1624 アキ:素数数えてな
1625 はるお:エロゲ持ってこないからだよ!
1636 シャナぱん:落ちつくんだ…素数を数えて落ちつくんだ…
 素数は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字…
 わたしに勇気を与えてくれる。2…3…5…7…11…13…17…19
1638 ぬんじゃ:ほんまに暇そうでワロタ
1638 はるお:ぱwwwんwwwつwwwww
1638 箱:ねえるてこ、しゃなぱんをこのメーリスから弾く方法はないの?
1641 シャナぱん:おいまてやめてっ!!

17時に横浜駅に到着。
前回と違ってGvの時間まで余裕があったから、皆で軽く夕飯どうかなーと提案してみる。
ゆっくり目の朝食を頑張ってたくさん食べた後、黒たまごを食べたので
なんか腹持ちが良くて完全に昼食を忘れていたのだった。 るてこさんの車組も焼肉の時間だった。
こっちも全員行ける事になったので横浜駅の改札を出て、ヨドバシの地下のパスタやさんへ。
わからないので地元民のアキさんに丸投げしてたら、いいお店に案内してくれた。
7人いたけど、ちょうど10人座れるお店の真ん中のテーブルが空いていて
全員で一緒に座ることができた。やったー(・ω・*)

うにのパスタを食べたよ!!(ここ重要)

精算のときしゅうくんの小銭で右手をいっぱいにされる。

改札まで戻ってきて、はるおさんとしゅうくんがそれぞれ帰っていった。
帰りのバスは横浜からだったので、
この後アキさんのディスプレイを買いに行くのについていったりだらだらっとして時間を潰した。
メーリスでは、Gvに待ち合わせるために関西へ急いで帰宅している
ちたさんとシャナたんの状況報告がされていた。

1814 シャナぱん:京都で降りて特急とタクシーで帰る事にした!
1821 ちた:こっちも在来線の方が早そうだから新大阪から降りて変更や
1824 箱:なんか電車こねえと思って突っ立ってたらホーム間違えて電車二本乗り過ごしてたわ

はこね、あなたつかれているのよ。とりあえず皆で笑っといた。

無事にバス乗って、ああ帰るんだなと思ったら今回会った皆の姿が走馬灯のように浮かんで
じんわりしていたら最後にスマブラの画面のイメージが出てきた。
病気じゃないですかね。完全に思い出がスマブラなんですけど。
なんかスマブラもっとやりたくてめそってるみたいやん。許さないスマブラ…。
何とか眠ろうとしたけど、フラットじゃない場所でちゃんと寝るのってやっぱり難しいね…
平らならどこでも眠れるのに!
足のむくみが半端なかったのでしんどかった。

早い目に地元に到着したので、荷物を置きに一度自宅へ戻って出勤。
仕事できるか心配だったけどオフが楽しすぎたので、テンションが高くてなんとか1日頑張れた。

箱根オフ疲れたけどすごく楽しかった。
しゅうくんありがとう。
次も皆に会いに行きたいな。

コメント

相合傘うらやま!

ちた許さない
落ち着ついて、帰りの電車はるおと話してたぞ!寝てないよ!
俺が落ち着けって話なコメント・・・
>シャナたん
次はシャナたんがちたさんと相合傘してもらうといいよ!

>アキさん
基本的にうにが寝ていたので夢を見ていたのかもしれない。
寝てたのシャナたんだったのかも…(・ω・*)テヘペロ

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky RuinsDW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。